「サンタ ルチア」練習問題

「サンタ ルチア」についての練習問題です。

問1.つぎの「サンタ ルチア」の紹介文の( )に適当な語句を入れよう。

この曲はイタリアの( ① )の民謡です。イタリアの民謡を( ② )といいます。②とはイタリア語の「( ③ )」という意味です。有名なカンツォーネを1曲あげると( ④ )などがあります。

この「サンタ ルチア」は( ⑤ )という意味です。船の航行の安全を守る神とされています。

「サンタ ルチア」は( ⑥ )調です。調号は♭が2つつきます。( ⑦ )音が主音になります。

この曲は( ⑧ )拍子の曲です。したがって1小節あたり八分音符(♪)で( ⑨ )拍分あることになります。♪=96~104ぐらいのテンポで歌います。これは1分間に♪を96~( ⑩ )回打つはやさです。

答え ①ナポリ ②カンツォーネ ③歌 ④「帰れソレントヘ」、「フニクリ フニクラ。「オ ソーレ ミオ」などからひとつ ⑤聖ルチア ⑥変ロ長 ⑦変ロ ⑧8分の3 ⑨3 ⑩104

問2.つぎの「サンタ ルチア」の歌い方に関する文の( )に適当な語句を入れよう。なお、( )内に選択肢のある場合には正しいほうを選ぼう。

最初の部分は(①mf mp)で歌い、5小節目で(②mp mf)にします。6小節目の( ③ )のついた音符とフラットのついた音に注意が必要です。( ④ )号は楽譜の全部で通用する記号です。それに対してここで示した( ⑤ )記号は、1小節の中だけで有効な記号です。

したがって、この6小節目の③がついた音は、もともと半音( ⑥ )がっていた音を元に戻すという意味です。したがって、ふたつめのフラットがつく音に関しては、再び半音( ⑦ )げるということになります。

9小節目で(⑧p f)となり、それぞれの音に( ⑨ )がついています。これはアクセントといって、目立たせて、強調してという意味です。

答え ①mf ②mp ③ナチュラル ④調 ⑤臨時 ⑥下 ⑦下 ⑧f ⑨>

投稿者: jitsugi

5教科以外に実技教科も教える塾を主宰しています。昼間は畑で野菜をつくり、販売所に出すのが副業です。教える対象は小学生~一般までさまざま。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。