バスケットボールの歴史練習問題2

今日はバスケットボールの歴史に関する練習問題です。試験の確認に使ってください。

問1.次のバスケットボールの歴史に関する文の( )に適当な語句を入れよう。

( ①人名 )は( ②国名 )の19世紀末の体育の教師でした。( ③ )場の室内で行える競技としてこのバスケットボールの原型ができました。これが1891年のことです。

日本にはそれから17年余りで伝えられました。伝えたのは( ④ )です。それからしばらくのちの1938年には( ⑤ )の正式競技になるほど、世界に広まりました。

はじめは桃を収穫する( ⑥ )をゴールにして、いちいち棒でつついてボールを取り出していました。

そののち紐で引いて取れるように改良されて、今の形のゴールになったとされています。したがって最初はバスケットボールのことを( ⑦ )と言っていました。

世界ではアメリカのプロリーグの( ⑧ )が世界最高峰のリーグとして知られています。そこには( ⑨ )選手など日本人選手も活躍してきました。

答え ①ジェイムス・ネイスミス ②アメリカ ③冬 ④大森兵蔵 ⑤オリンピック ⑥かご ⑦ピーチ・バスケット ⑧NBA ⑨田臥勇太

投稿者: jitsugi

5教科以外に実技教科も教える塾を主宰しています。昼間は畑で野菜をつくり、販売所に出すのが副業です。教える対象は小学生~一般までさまざま。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。