衣服の汚れと手入れのまとめ

衣服の汚れと手入れの方法についてまとめました。

(1)衣服の汚れとは
チリ、ほこり、食べ物、泥などで衣服は汚れてしまいます。表面についていることが多いので、ブラシがけ(ブラッシング)などで手入れをすることで落とすことができます。

しかし、繊維のおくの方までしみ込んでしまった汚れ(食べこぼし、絵の具、泥など)、さらに肌と接していたことで生じる汚れ(汗や皮脂など)についてはブラッシングでは落とせません。

これらをそのままにしておくと変色やにおいが生じ衛生的ではありません。虫食いなども生じます。汚れは落としておくことで衣服を長持ちさせます。

(2)手入れの方法と保管について
したがって衣服にしみこんだ汚れについてはしみ抜きや部分洗い、丸洗い(洗濯機を使うことが多い)をすることになります。

ほころびやしわが生じますから、補修したりアイロンをかけたりして手入れをします。

すぐに着られるようにたたみ方やしまい方を工夫します。季節に応じて衣替えすることもあります。

セーターは水洗いすると縮んでしまうおそれがあるので、ドライクリーニングや専用の洗剤を使用して手洗いします。編み物などは型くずれするのでつり干しせずに乾かします。綿はしわになりやすいので干す際によくしわを伸ばします。

既製服は取り扱い絵表示にしたがってその指示に従った手入れの方法を守ります。

投稿者: jitsugi

5教科と実技教科、つまり何でも教える学習サポートを運営しています。ネットでやりとりしながら教える対象は小学生~一般までさまざま。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。