トマト栽培練習

トマトの栽培についての練習問題です。

問1.次の文の( )に適当な語句を入れよう。( )内に選択肢がある場合には正しい方を選ぼう。

トマトづくりを説明しましょう。トマトを植える場所の( ① )をする必要があります。まず土を耕します。その際に( ② )を十分に入れます。

土のpHが(③低い 高い)、( ④ )を加えて、土のpHを(⑤弱酸性~中性 塩基性)付近にする必要があります。

それから1週間ほど置いてから、トマトを育てるための( ⑥ )を入れます。トマトが生育するうえで、必要な養分(窒素、リン酸、( ⑦ )を含む)を前もって植える部分の下の地中(深さ20~30㎝あたり)のところに入れて土をかぶせます。

再び3日間~1週間ほど置いた後、トマトの苗を植え付ける( ⑧ )をします。植え付けた後は、苗が風などで動かないように定着しやすくするために、仮支柱で支えます。その後、水を十分に与えます。

しばらくすると茎が伸びてきます。それにともない、( ⑨ )(わき芽)が伸びてきますので、それをとります。花芽がつく位置まではこの⑨を摘み取る( ⑩ )をすることが必要です。

定植から2週間ほど過ぎたら、先端の葉の様子を観察しながら、栄養分を補給する( ⑪ )をするとよいです。

この時期になると、仮支柱に代わって、本支柱を立て、トマトの苗をひもで( ⑫ )の字に結びます。トマトの実が重くなりますので、しっかり支持する必要があります。

花芽がついたら、指で軽くゆすり受粉をうながします。やがて実が膨らんできます。4~5段の花芽がついたことを確認したら、茎の先を支柱の高さで( ⑬ )します。

雨が降ると土を跳ね上げて葉が病気になりやすくなりますから、わらなどで( ⑭ )(おおい)をして土がはねることを防ぎます。同時に土の表面が乾きすぎることを防ぎます。

こうしてトマトが熟したら収穫します。

答え ①土づくり ②たい肥 ③低い ④苦土石灰 ⑤弱酸性~中性 ⑥元肥 ⑦カリ ⑧定植 ⑨えき芽 ⑩摘芽 ⑪追肥 ⑫8 ⑬摘心 ⑭マルチ

投稿者: jitsugi

5教科以外に実技教科も教える塾を主宰しています。昼間は畑で野菜をつくり、販売所に出すのが副業です。教える対象は小学生~一般までさまざま。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。