体ほぐし運動 練習問題

今日は体ほぐし運動についての練習問題を作りました。理解の確認にお使いください。

問1.次の文の( )に適当な語句を入れよう。なお、( )に選択肢があるときには、正しいほうを選んで答えよう。

これまであまり動かしてこなかった部分をほぐしたり、これから行う運動でけがをしにくい状態にしていったりするために、( ① )運動を行います。

この運動によって、体を使う楽しさや(②心地 感)の良さを味わうことができます。そして、仲間と交流したり、お互いの体調を知ったりすることができます。

姿勢の転換運動
体の状態を維持していく上で( ③ )を保つことは大事です。床に横になったり、座った状態、転がるなどの姿勢で心と( ④ )の状態を知るようにします。

例えば、横たわった姿勢のうつぶせから( ⑤ )にすばやく(あるいはゆっくり)転換します。そのとき自分の体の動く向きの感覚を意識して行います。

その他にも前回り→、仰向けに横たわる→こま回り→うつぶせ→うさぎはね→あおむけ
といった一連の動きをつなげて行って、次々に姿勢を変える転換運動を行います。

答え ①体ほぐし ②心地 ③姿勢 ④体 ⑤あおむけ 

問2.次の伸展運動と脱力運動に関する文について( )に適当な語句を入れよう。答えよう。なお、( )に選択肢があるときには、正しいほうを選んで答えよう。

体のいろいろな部分を十分( ① )し、そのあと脱力してリラックスします。この動きで心地よさを味わいます。

・背中を( ② )て伸ばす→前かがみの姿勢で脱力してリラックス
・胸を後ろにそらす→前かがみの姿勢で脱力してリラックス
・腕を( ③ )にもっていき伸び上がる→前かがみの姿勢で脱力してリラックス
・体側を伸ばす→前かがみの姿勢で脱力してリラックス

移動運動
距離、方向、スピードなどの( ④ )の条件を変化させることにより、軽快にリズミカルな動きの運動を行います。この運動を行った後は、リラックスして構えた姿勢をとります。

伸び上がる、ジャンプする、ウォーキングする、ジョギングする、( ⑤ )や縄などの道具を使った運動(ドリブル、投げ上げ、両足跳び、駆け足跳びなど)

( ⑥ )との交流を楽しむ運動
共同して協力し合いながら行います。

これには体側伸ばし、体反らし、上体前曲げ、担ぎ合いなど様々な運動があります。その他にもボールや棒、縄などの道具を使った運動があります。

①伸ば ②丸め ③上 ④運動 ⑤ボール ⑥仲間

投稿者: jitsugi

5教科と実技教科、つまり何でも教える学習サポートを運営しています。ネットでやりとりしながら教える対象は小学生~一般までさまざま。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。