実技教科の試験対策のタイミング

期末テストが近づいている時期にいつぐらいから試験勉強をはじめるとよいでしょうか。適切な時期にはじめて試験勉強に本格的にとりかかると、1週間前には実技教科は完成できます。1日1教科ずつ、2回ずつ学習すればひと通り試験範囲のポイントはつかめると考えます。

一番大切なのは、学校の先生が指導してくださったノートやワーク、プリントなどです。それにしたがって学習すればポイントはつかめます。それを補うのが付属している問題などです。用語などでまだ理解が進んでいないところがあれば、それを優先して調べて、きちんと理解しておくといいです。

実技教科は、丹念に勉強しておけばそれなりに結果を出すことができます。中2の皆さんは内申書の成績を良くしておくことが最終学年を迎えるに当たって大事になります。

というのも、3年生の1学期の成績(おそらく内申書に記入される成績)は前の学年のものを参考に(あるいは基準に)伸びたかどうかで判断する場合もあるからです。絶対評価では個人の以前の様子と比較して努力したかどうか、そして到達段階も成績の判断材料になるからです。

そのため、この学期の成績が次の学年の成績のカギを握っているといえるでしょう。この理由から期末試験で実技の成績を上げておくことは意義があると考えます。

投稿者: jitsugi

5教科以外に実技教科も教える塾を主宰しています。昼間は畑で野菜をつくり、販売所に出すのが副業です。教える対象は小学生~一般までさまざま。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。