生活のリズムと食事

生活の中で食事のあり方が変わりつつあります。

例えば、きのう1日家族全員がそろって食事をしたか振り返ってみてください。

最近では、両親とも仕事の帰りが遅かったり、子ども学校の課外授業で朝早かったり、放課後も部活動、塾通いや習い事があったりするために、食事の時間が家族でまちまちなことが多いです。

そして一人で食事をとることを孤食(こしょく)というようになりました。

それから、家族で一緒に食事をしていても、個人個人がべつのたべものをとることがあります。これを個食といいます。

この両方、つまり「弧食」と「個食」が増えているそうです。食事を通して家族のあり方、コミュニケーションの機会などが問われているとも言えそうです。

投稿者: jitsugi

5教科以外に実技教科も教える塾を主宰しています。昼間は畑で野菜をつくり、販売所に出すのが副業です。教える対象は小学生~一般までさまざま。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。