「大地讃頌」について

「大地讃頌」は校内の行事などの合唱でよく歌われる曲です。この曲について説明します。

作詞は大木惇夫(あつお)、作曲は佐藤眞(しん)です。作詞した大木惇夫は悲惨な戦争を経験した人物です。平和に対する気持ちを様々な詩から知ることができます。作曲した佐藤眞は、東京藝術大学音楽学部教授でした。音楽コンクールの課題曲の作曲なども行っています。

この曲の調はロ長調です。ロ長調はシャープ(♯)が5つつきます。ロ長調の主音(ド)はロ音です。

この曲は、「土の歌」というカンタータ(大規模な声楽曲)の一部で、終曲(最後の曲)になります。土の歌は全部で7楽章からなる長い曲です。この大地讃頌は、強弱の構成をよく意識して歌うことがポイントです。それを通して曲の内容がよく伝わります。

この曲の拍子は4分の4拍子です。「大地讃頌」は強拍以外から始まる弱起の曲です。したがって曲の最初の小節は二分休符と四分休符からはじまります。

曲の形式は混声四部合唱(女声二部に男声二部)です。このうち男声のパートはへ音譜表で書かれたテノールとバスです。それに対して女声のパートは、ト音譜表で書かれたソプラノとアルトになります。このうち男声のほうが主旋律になります。

この曲は、♩=76の速さで歌います。ゆったりとGrandioso(壮大に)に歌います。

大地讃頌の「讃頌」の意味は「ほめたたえる詩」のことです。したがってこの曲の意味は、大地をほめたたえる詩ということになります。

この曲の楽譜には、横線の上に8のついた記号があり、その数の小節だけ休むことを表しています。Grandiosoは(グランディオーソ)「壮大に」という意味です。maestoso(マエストーソ)は「荘厳に」という意味で、両者は多少意味が違います。

poco a poco cresc.(ポーコ・ア・ポーコ・クレシェンド)は「少しずつ強く」という意味です。fff(フォルティッシシモ)は「できるだけ強く」という意味です。ダブルシャープは「半音上げた音をさらに半音上げる」という意味です。

この曲は中学校の音楽を締めくくるさまざまな音楽的な要素が盛り込まれた曲です。楽譜の隅々まで見渡して疑問な点がないようにすると、ある意味で中学の音楽の「仕上げ」ができることになります。

投稿者: jitsugi

5教科以外に実技教科も教える塾を主宰しています。昼間は畑で野菜をつくり、販売所に出すのが副業です。教える対象は小学生~一般までさまざま。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。