サッカーの歴史

イギリスのイングランドでは何百人もの人々がふたつのチームに分かれてボールを奪い合いながら、ゴールに運ぶ競技が伝統的に行われてきました。この競技はマスフットボールと呼ばれてきました。

ルールも作られて18世紀半ばには学校でも行われるようになってきました。1863年にはFA(フットボール協会)ができて、ボールは足で運ぶというルールができました。このルールができて以降、世界中に広まりました。

イングランドがサッカー(フットボール)の発祥の地であることから、サッカーのワールドカップ(1930年から4年おきに開催)にはイギリス代表のほかに、イングランドの代表が競技に参加しています。

日本にも伝えられていこう、メキシコオリンピックでの活躍や、近年ではワールドカップ出場を果たし、連続して出場しています。

そして女子では2011年に日本は金メダルを取るまでになりました。

投稿者: jitsugi

5教科以外に実技教科も教える塾を主宰しています。昼間は畑で野菜をつくり、販売所に出すのが副業です。教える対象は小学生~一般までさまざま。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。