リレーについて

リレーについて説明します。

スタートは腰を下ろしてクラウチングスタートを行います。その際にバトンは腕に持ちますが、スタートラインにバトンが触れたり、スタートラインをバトンの部分が超えていても構いません。

バトンを受け取る走者は、いずれも立ってスタートしますが、前走者がマークを通過したのちはスタートして構いません。前走者が見えるように、そしてスムーズにスタートできるように上体を横に向けてスタートラインで構えます。

バトンの受け渡しはテークオーバーゾーンの範囲内で行うことができます。バトンパスはスピードを落とさないように渡す必要があります。したがって前走者はスパートした状態で、受け取る走者は、十分加速しながらバトンを受け取り、タイミングよく受け取ります。

バトンは上から渡す方法と、下から渡す方法があります。あらかじめ相談して受け取りの方法を決めておき、繰り返しバトンパスの練習を行います。

テークオーバーゾーンではバトンを渡す走者と受け取る走者が、合図で腕をしっかり伸ばしてバトンを受け取ります。そうすることで効率よくバトンが渡せます。バトンパスはテークオーバーゾーンの範囲の中で終了する必要があります。

バトンを落として拾うときは自分のレーンを短い距離にならなければ離れることが許されています。それ以外は自分のレーンを走らなければなりません。バトンを落としたときは、前走者、受け取る走者のいずれが拾っても構いません。

投稿者: jitsugi

5教科以外に実技教科も教える塾を主宰しています。昼間は畑で野菜をつくり、販売所に出すのが副業です。教える対象は小学生~一般までさまざま。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。