管弦楽の紹介

管弦楽はオーケストラのことです。打楽器、管楽器(木管楽器と金管楽器)、弦楽器からなり、大人数で合奏します。

(1)打楽器
 ティンパニやシンバルがあります。

(2)木管楽器
 ピッコロ、フルート、クラリネット、オーボエ、ファゴットなどがあります。

(3)金管楽器
 トランペット、トロンボーン、チューバ、ホルンなどがあります。

(4)弦楽器
 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスなどがあります。あとになるほど大きな楽器で、低い音が出ます。

管弦楽の一般的な配置としては、弦楽器が指揮者の一番近くの周りに並びます。時計回りに左から、第一ヴァイオリン、第二ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロと並んで、チェロの後ろにコントラバスが並ぶことが多いです。

逆に打楽器や金管楽器は、編成の一番後ろに並ぶことが多いです。そして木管楽器は、弦楽器と金管楽器の中間の列に並ぶことが多いです。

編成は曲の種類や、その時々の状況で、変わることがあります。

投稿者: jitsugi

5教科以外に実技教科も教える塾を主宰しています。昼間は畑で野菜をつくり、販売所に出すのが副業です。教える対象は小学生~一般までさまざま。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。