卓球の練習問題

イギリスでテニスを室内で楽しもうとしたことから卓球がはじまったとされています。そのための道具がつくられ、19世紀末にはセルロイドのボールが、1920年頃にはラケットに貼るゴム製のラバーが開発され広まりました。

卓球において世界卓球選手権では日本は1950年代初頭より活躍し、卓球王国とよばれるまでになりました。最近は中国が台頭し日本は目標とし競い合っています。

ラケットの持ち方には( ➀ )とペンホルダーがあり、それぞれ専用のラケットがあります。最近は➀が主流になっています。

基本姿勢
卓球の基本姿勢は膝の力を抜いていずれかの足を少し前にし(右利きならば左足)、やや前傾姿勢となり、つま先よりに重心をのせるようにします。ラケットは胸の前に構えます。フォアハンドを中心とする場合には、台にむかって〈 ➁ )側寄りに構えます。

フォアハンド
足はやや左足を前に構え、ボールにむかい腰を引きつつラケットを持つうでをバックスイングします。わきをしめ、ひじを伸ばさないようにします。いちばん引いたときに体重を( ➂ )足に乗せ、左足に重心を移動させつつフォロースルーします。

その際にボールは体の( ➃ )面でしっかり見ながら打ちます。打球点はボールが台にあたり頂点~落下しつつあるところで打ちます。ラケットはややかぶせ気味にしてドライブがかかるようにします。

ショート
シェークハンドの場合
ラケットの角度はボールをあてる面をすこし下向きに、手の甲を相手に見せるように胸の前で小さくバックスイングします。ボールは台でバウンドしてすぐにラケットにあてます。手首でスナップをきかせてスイングします。

ペンホルダーの場合
ラケットの角度はラバーを貼った面がすこし下向きになるように引いて構えます。その際にラケット横向きにして、なるべくボールを体にひきよせて打ちます。

ボールは台でバウンドしてすぐにラケットにあてます。ラケットを持たない側のうでをうしろにひくようにするとボールを引き寄せやすくなります。

サービス
ドライブサーブ
ラケットを持たない手のひらにボールをのせ、( ➄ )にほうり上げて(トス)、落ちてくるところをフォアハンドでスイングします。斜め( ➅ )にボールをこすり上げるようにしてボールを順回転させます。

カットサービス(下回転サービス)
ラケットを持たない手のひらにボールをのせ、真上にほうり上げて(トス)、落ちてくるところをフラケットのボールをあてる面をななめ( ➆ )向きにたもちつつ、ななめ下向きにスイングします。フォアハンド、バックハンドのいずれからでもサービスできます。

バックハンドサービスの場合には、ボールをトスするときに体を左にひねり、バックスイングします。ラケットをななめ下方向にスイングすることでボールに下回転を与えます。

ラケットにボールをあてる角度を変えたり、スイングの方向を変化させることで、横回転やななめ方向に回転を与えるサービスをすることもできます。これを変化球サービスといいます。

レシーブ
ドライブサーブをレシーブする際には、ラケットをややかぶせぎみにしてななめ上むきにスイングします。相手のボールに押されないように、しっかりふりぬきます。

カットサービスをレシーブする際には、ラケットをやや( ➇ )むきにしてしっかりからだに引き寄せつつボールをのせるようにひじをのばすスイングします。

スマッシュ
高く浮いて返球されてきたボールは強打のチャンスで、( ➈ )といいます。ひじを曲げつつ、わきをしめてバックスイングし、上体をひねりつつラケットをかぶせぎみにしてすばやくスイングします。その際に左足に体重を乗せるようにうちこみます。

シェークハンドのバックハンドで強打する場合には、ラケットをもった側のひじを前におき、ボールをひきつけて体の正面であてます。このときからだが正面を向くようにします。ラケットを持つ側の手首をかえしつつ、ひじが伸びるようにうで全体を使いながら斜め上側にするどくスイングします。

卓球のゲームにはシングルスと、ふたりでチームを組む( ➉ )があります。ダブルスでは交互にレシーブをします。

答え ➀シェークハンド ➁左 ➂右 ➃正 ➄真上 ➅上 ➆下 ➇上 ➈スマッシュ ➉ダブルス

投稿者: jitsugi

5教科以外に実技教科も教える塾を主宰しています。昼間は畑で野菜をつくり、販売所に出すのが副業です。教える対象は小学生~一般までさまざま。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。