ハンドボール練習問題

問.次の文の➀~⑮の( )に適語を入れよう。

ハンドボールの歴史

ハンドボールは手でボールをあつかう競技として20世紀はじめに( ➀ )およびデンマークでそのもとになるゲームが生まれました。

そののちヨーロッパに広がり、1936年にはオリンピックの競技に採用されました。そののちに室内でおこなう競技として( ➁ )人制が採用されて定着しひろまりました。

ハンドボールの技術

ショルダーパス
肩ごしにボールを投げて相手にパスします。すばやく( ➂ )スイングして上体とうでで投げる(オーバーハンド)ようにします。ボールを持つときに( ➃ )指、中指、人差し指の3本でスナップをきかせて投げます。

アンダーハンドパス
下手投げで相手にボールをわたすパスです。後方の味方にわたすときには( ➄ )をうしろにひねりながら腕をスイングしてパスします。前方の味方にわたすにはディフェンスする相手をひきつけて、そのわきの下をとおしてパスをします。

バウンドパス
ディフェンスしている相手の( ➅ )でボールをバウンドさせてパスします。

ジャンプパス
ジャンプシュートをするとみせかけて自分に注意をひきつけてから、敵のガードのうすい味方にパスします。

リストパス
バックスイングなしで( ➆ )を返しつつパスをします。

ワンドリブル
ボールを持つと3歩まで進むことができ、そののちドリブルですすむ動作です。パスをうけたあと( ➇ )足で着地(ジャンプストップ)した場合には、そののちに踏みだした足が1歩目となります。

ボールを空中で受け取り片足で着地(ストライドストップ)すると、残りの足が着地した時点から( ➈ )歩目になってしまいます。

ドリブルしているあいだは何歩進んでもかまいませんが、いったんドリブルを中断したあとは再度ドリブルできません。バスケットのドリブルでよくおこなうピポットターンはハンドボールでは全部歩数としてかぞえるので注意が必要です。

さらにバスケットボールのドリブルのように手のひらを上向きにしながら、こねるようにドリブルするとハンドボールでは反則になります。

ステップシュート
からだにボールをひきつけます。足をクロスステップしつつボールをもつうでをバックスイングします。( ➉ )足に体重を移動させつつ、腰にひねりをくわえてシュートします。スピードのあるボールをなげることができます。

ジャンプシュート
走る姿勢のままジャンプしてディフェンスの上からおこなうシュートです。まず腰を低い位置にたもちながら左足で踏みきります。

その際にボールをもつ( ⑪ )をなるべく高く保ちながらうしろに引くバックスイングをします。ジャンプの際に右のひざを高くたもちつつ、左肩を前方につき出します。この姿勢で空中の姿勢のバランスが保てるために力強いシュートになります。

ひじを高い位置にたもちつつ腰から上体、腕へと力が伝わるようにスイング(フォワードスイング)します。ボールをうでが高い位置のまま手首のスナップではなします。

ステップシュート
オーバーハンドでシュートすると見せかけるフェイントをかけて、ディフェンダーの動きの逆をつく( ⑫ )をしながら、わきの下からサイドスローでシュートします。

また、左右へのうごきをともなうフェイントをかけてからステップを踏みつつ相手をかわし、オーバーハンドでシュートするなどの方法もあります。

フェイント
フットワークを駆使しながらディフェンダーを抜く技術です。右へステップしながら上体、ボールを持つうでをともに右側に向けます。そのうごきで相手を右側にひきつけつつ(フェイント)、すばやく左足を左奥へと突き出して進み相手をドリブルで抜きます。

パスやシュートすると見せかけて、すばやく逆側にドリブルするなどの( ⑬ )もあります。

ゴール
ゴールキーパーのゴールを守る技術を( ⑭ )といいます。ゴールキーパーは基本的に腕を上げ、肩幅ほど両足を開いた姿勢でゴールの中央前方1メートルほどの位置で守ります。ボールのある位置に合わせて体を向けます。

サイドシュートに対してはシュートする相手に( ⑮ )いゾーンの位置に立つことでシュートのコースを狭め、あいている側にシュートがくるようにすると守りやすい(シュートコースを予測しやすい)です。

こたえ ➀ドイツ ➁7 ➂バック ➃薬 ➄上体 ➅足元 ➆手首 ➇両 ➈1 ➉前 ⑪ひじ ⑫ステップ ⑬フェイント ⑭ゴールキーピング ⑮近

投稿者: jitsugi

5教科以外に実技教科も教える塾を主宰しています。昼間は畑で野菜をつくり、販売所に出すのが副業です。教える対象は小学生~一般までさまざま。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。