「魔王」について

「魔王」の曲について説明します。

「魔王」は、ドイツ語でいう歌曲(リート)です。歌曲とは人の声により歌われる曲のことです。シューベルトは、このリートの名手といわれていました。600曲以上のリートを作ったとされています。

この曲は歌手がひとりで4人を歌い分けて演じます。このような一人で歌う曲は独唱曲とよばれています。

「魔王」では、歌手はひとりで4人の役を歌い分けることになります。「語り手」、「父」、「子」、それから「魔王」の4人です。

それぞれ、登場人物の心の動きを歌に込めながら、声色や声の調子を変えることで演じ分けます。「子」の魔王を怖がる様子、「魔王」の言葉巧みな誘いの様子などがあります。

逆に、そのうちの一人の「語り手」については、たんたんと語るように歌います。この物語の説明役として、残りの3者の状況を説明しています。ピアノの伴奏は物語を引き立てる役目があります。風の音や馬を急がせている様子などを表現しています。

最初のピアノの演奏は、馬を急がせている様子です。その後のピアノは嵐の強い風の様子です。このような点を確認しながら曲を聴いてみるといいです。

この部分は、音楽を聞く人を物語に引き寄せ、物語の緊張を巧みに表現するものです。

投稿者: jitsugi

5教科以外に実技教科も教える塾を主宰しています。昼間は畑で野菜をつくり、販売所に出すのが副業です。教える対象は小学生~一般までさまざま。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。